「障害者雇用」というキーワード。
どのようなイメージをお持ちですか。

「難しい」
「上司から・ハローワークから言われて・・」
「イメージがわかない」
「障害者に出来る仕事が見つからない」
「やらなきゃいけないけど、どこから手をつけていいのかわからない」
「急に支援者っていう人から電話が来た」

など、多くの企業が戸惑いながら初めています。
しかも始めはほとんどが本業の片手間。

しかし実際、障害を持つ方と関わり、共に働くことを通して、
「特別な事ではない」と語り、
「企業のパフォーマンスの向上に良い影響を及ぼした」と語る方もおられます。


そこで2011年度、「障害者雇用」をキーワードに毎月セミナーを開催することを企画いたしました。

障害者雇用を切り口に、この業界のトップランナーをゲストに迎えながら、
障害者雇用の実際の紹介や情報交換を行いたいと思います。

「急に障害者雇用の担当になりました!」
「障害者雇用を進める手がかりが欲しい」
「障害者雇用を強みに変えるには」
と考える企業の方から、

「障害ってなんだろう」
「私達の働くを再考したい」
「働く事の意義を見つめなおしたい」
というお気持ちの方まで、関心のある方が幅広く集える機会にしたいと考えています。

一筋縄じゃいかない、難しいかもしれない「障害者雇用」。
しかしそこに関わっているのはやはり人。

特別じゃない障害者雇用の実際や、そこから広がる可能性を
生の声から共に学んでいきませんか。

本セミナーでは業界の一線で活躍中の講師が、
分かりやすく解説や質疑応答を織り交ぜて進めて行きます。

※このたびの東日本大震災で被災されたみなさまには心よりお見舞いを申し上げます。会場には活動支援の募金箱を置かせて頂こうと思います。お預かりした募金は、現在岩手県で「こころのケア」と基礎的医療活動を展開しているNPO法人世界の医療団を通じ、東日本大震災の復興支援に役立てられます。


4月のテーマと話題提供者は以下の通りです。

◎テーマ:障害者雇用の現状をざっとつかもう
◎ファシリテーター:根岸病院 就労支援係で看護師 池田真砂子
(精神科の病院に勤務し、精神障害を持つ方の就職や働く生活に関わり、日々現場を走りながら考えています。)


【プログラム】
・我が国の障害者と雇用を取り巻く現状
・なぜ「雇用」ではなく「障害者雇用」?
・障害者雇用を強みに変える、企業の例
おまけ:現場で使える「障害への配慮」や「コツ」


開催概要

日時 2011年04月22日(19時00分~20時30分(受付開始:18時30分))
開催場所サンワールド四谷ビル5階 会議室A
(東京都新宿区荒木町13-9)
参加費無料
定員10人(先着順)
主催

イベント概要

2011年04月22日

障害者雇用を考える人の交流会

東京都新宿区荒木町13-9

http://kokucheese.com/event/index/9868/

「障害者雇用」というキーワード。 どのようなイメージをお持ちですか。 「難しい」 「上司から・ハローワークから言われて・・」 「イメージがわかない」 「障害者に出来る仕事が見つからない」 「やらなきゃ...

イベントは終了いたしました。