新宿でWebカラーのセミナーを開催

Google Yahoo! Outlook iCal Email MySpace Facebook Twitter Add to cal! by caleynog

2011年5月28日(土)に新宿にて、Webカラーに関するセミナーを開催いたします。講師は「ウェブ配色 コーディネートカタログ」の著者であるWeb&カラーデザイン フォルトゥナの坂本邦夫です

Webデザインにおける配色とは、ただ色を決めればいいというものではなく、サイトの目的に合わせた色を選び、様々な条件を考慮しながら、適切な色を選び、適切な場所に配置することが必要となります。

またクライアントが存在する案件の場合には、クライアントに色の意味を理解させる色の理論やストーリーなども必要になってきます。またサイトの完成後にはクライアント自身による更新と運用の問題が待ち構えます。

これらへの配慮を総合して「Webの色彩設計」と呼んでいますが、今回はその基本編として、10の実在のWebサイトの配色を取り上げ、その色の成り立ちや目的など、どのような意図で色彩が設計されているかを、カラーマーケティング・ユーザビリティ・アクセシビリティなど様々な角度から分析していきます。

目の前の色に対峙するだけでなく、しっかりとしたコンセプトを定め、広い視野で様々な視点を持って配色に取り組むことは、Webデザイナーだけにとどまらず、WebディレクターやWebマスター、発注者にも役立つ内容でしょう。

色相やトーンといった色彩に関する基本的な用語については、あまり時間を割くことができませんので、最低限の色彩用語を知っている方が対象のセミナーとなります。

今までに色彩の勉強をしたことがないという方は、「基礎からわかるホームページの配色」や坂本の著書「Web配色デザインのセオリー」などを先に読んでおいていただければ、より理解が深まるでしょう。

セミナーの参加費は前払い、懇親会の参加費は当日払いとなりますので、お間違えのないようご注意ください。

今回、参加費3,500円のうち500円を東関東大震災への義援金として日本赤十字社に寄付させていただきます。寄付についてのご報告は後日フォルトゥナのWebサイトにて公開いたします。
(日本赤十字社の義援金分配が大幅に遅れそうな場合には、その他の団体への寄付とさせていただく可能性がございますのでご了承ください)

参加者への特典

プレゼント協賛していただいた技術評論社様より、坂本の著書「ウェブ配色 コーディネートカタログ」をはじめとした書籍をプレゼントいただきました。(その他の本については検討中です。) 抽選になるかと思いますが、10人に1人くらいは当たりそうな感じがしております。

キャンセルについて

キャンセルの場合、ページ右側の「お問い合わせはこちら」より申し出てください。キャンセル料については以下の通りとさせていただきます。

開催7日前まで
振り込み手数料を引いた全額をご返金いたします。
開催4日前まで
振り込み手数料を引いた受講料の50%をご返金いたします。
開催3日前~当日まで
ご返金できません。

お支払いについて

セミナー受講費のお支払いは、PayPalアカウントまたはクレジットカードによるお支払いか、銀行でのお振り込みとなります。詳細はお申し込みいただいた方に個別でお知らせいたします。

懇親会について

セミナー終了後の17時頃より3時間の懇親会を行います。場所はセミナー会場と同じビルの29階にある「台湾創菜酒家 台北夜市 新宿NSビル店」となります。お店を予約する都合上、だいたいの人数を把握しておきたいので、参加を希望される方はお申し込み時に参加の旨をお知らせください。後日、出欠の変更は可能です。


開催概要

日時 2011年05月28日(13:30~16:30)
開催場所新宿NSビル 3F 南308
(東京都新宿区西新宿2-4-1)
参加費3,500円(税込)
定員75人(先着順)
申し込み終了2011年05月26日 23時59分まで
懇親会 17時から20時くらい
懇親会場所台湾創菜酒家 台北夜市 新宿NSビル店
(東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル29F)
→地図を開く
懇親会費4,000円当日徴収(税込)
懇親会定員35人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年05月28日

実例から学ぶWebサイトの色彩設計

東京都新宿区西新宿2-4-1

http://kokucheese.com/event/index/9837/

新宿でWebカラーのセミナーを開催          2011年5月28日(土)に新宿にて、Webカラーに関するセミナーを開催いたします。講師は「ウェブ配色 コーディネートカタログ」の著者であるWe...

イベントは終了いたしました。