震災後3週間が経ち被害の大きさに唖然とするばかりですが、手をこまねいているばかりでなく、勇気ある行動を取られているかたも多く、また寄付額も莫大になり日本の良い面がグローバルに認識されてました。


とはいえ、例年であればお花見でお酒を片手に笑い話や組織の愚痴に興じている頃でしょうが、流石に今年は状況的に、そういう気分は自嘲したいところですね。


それならば、お酒抜き・愚痴抜きのお花見ならぬ建設的な「ダイアログ」はいかがでしょう。


マインドマップや全脳思考をマスターしたファシリテーターがお手伝いしながら、参加者皆さんがマインドマップと全脳思考を体験できるダイアログ・ワークショップを大阪にて開講します。


共通課題としてのお題は「震災復興に、大阪・周囲さらに外国から貢献出来ることは?」を取り上げ、個人各々が必ず一歩を踏み出せる行動計画を策定します。医療、科学の視点からのサブ課題も用意しています。


参考: Action for Japan, and thank you from Japan
(参考:http://amba.to/g5aMiB )


手法として先ずはマインドマップ等による「見える化」ダイアログを行います。


参加者の思考をマインドマップで「見える化」することで一体感を高め、将来120%HAPPYにしたい人を共有します。


この人を映画の主人公として、ハッピーエンドとなるシナリオを参加者全員で構築します。このシナリオの内容から、共通課題解決へのヒントを得つつ、各々の具体的な行動計画にも発想を膨らませて頂きます。


尚、本イベントですが、テンプスタッフさんのご好意で会議室を使わせて頂けることになりました!


故に、参加費代わりにお気持ちを募金頂き、コレを実際に被災者の方のために役立つ物資にして手元まで届けて頂くことにしました。


方法は、元ナイキジャパンのマーケティングチームに在籍し、現在ラジオボックス社長の鈴木貴博さん(ボランティアでいわき市に、時間のある平日および週末、被災地支援に行かれています)に託し責任を持って現地に届けて頂きます。


その際、当日の写真や全脳思考チャート、そして参加者皆さんに応援メッセージを書いて頂き、物資に同封します。


また「Action for Japan, and thank you from Japan」のロゴが完成しましたので、コレを添付し(http://amba.to/g5aMiB )、アクセスが可能になった際にFacebook経由でコンタクトして頂ける旨を表明しておくのです。


義援金は国内外から多額が集まっていますが、実際に何処へどう分配されたか見える化されないでしょう。むしろ未だ分配準備すら始まっていないという段階のようですから。。。


微々たる物資かも知れませんが、確実に届き、feedbackが得られたとしたら、、、それは送り主も受けてもHappyになれるのではないでしょうか。


大阪周辺の方、ご参加お待ちしておりますし、読者の方のお知り合いで関西の方々にも転送して頂ければ幸いです。


2010年ノーベル賞受賞、根岸先生は昨年11月のサイエンスアゴラ2010にて次のようなことを話されたそうです。

「何を目的にしてこの世の中で過ごしていくか?究極の目的はhappinessだ。」


科学を学んだ者には人々の暮らしを、社会をHappyにする使命があるということなのでしょう。


そうであれば、医療、科学が社会をHappyにするために、個人が、組織が貢献するための具体的な行動計画を、出来るだけ多くの方とダイアログし、一歩を踏み出そうではありませんか。


もちろん、科学はちょっと・・・という方の参加も大歓迎!


なるべく多彩なバックグラウンドの方が集まることで、ダイアログから生まれるものは斬新かつ、予想をはるかに超えた素晴らしいものになるかもしれませんよ!


よろしくご検討下さい。


開催概要

日時 2011年04月13日
開催場所テンプスタッフ株式会社(大阪駅)
(大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル10階)
参加費無料
定員14人(先着順)
申し込み開始2011年04月04日 22時40分から
申し込み終了2011年04月13日 19時00分まで
懇親会 21時以降です
懇親会場所大阪市内(当日決めます)
懇親会費3,000円程度(税込)
懇親会定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2011年04月13日

震災後の日本復興に貢献するために一歩踏み出そう

大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル10階

http://kokucheese.com/event/index/9836/

震災後3週間が経ち被害の大きさに唖然とするばかりですが、手をこまねいているばかりでなく、勇気ある行動を取られているかたも多く、また寄付額も莫大になり日本の良い面がグローバルに認識されてました。 とはい...

イベントは終了いたしました。