木田知廣

こんにちは。シンメトリー・ジャパン代表の木田知廣です。
ビジネスで、「ちゃんと聞いてたのかよ~」ってボヤきたくなることありますよね?
部下への指示や社内で仕事を頼んだ時、あれほど詳しく説明したのに、アウトプットのイメージが共有できていなくて、トンチンカンなものが出てくる…

「おいおい、これじゃ自分でやった方がよっぽど早かったよ…」なんてぶつくさ言いながら、改めて説明し直しても、(この人、本当に分かっているのかな~?)と心配になったりしてますが…ちょっと待って。

それって、相手側だけの問題でしょうか?実は、自分の「伝えるスキル」が足りなかったのが原因だった、と言うことも多いのです。

考えてみれば、「効果的なビジネス・コミュニケーション」って、ちゃんと教えてもらったことってないですからね。多くのビジネスマンは。自分の言いたいことが「本当に伝わっているのか、伝わっていないのか」を判定せずに、仕事を進めて後になってトラブル!となるのも無理はないのかもしれません。

ファシリテーションセミナー

このビジネス・コミュニケーション勉強会は、そんな問題を解決するために立ち上げました。毎回コミュニケーションの第一人者をゲストスピーカーにお迎えして、問題意識を共有する仲間と一緒にスキルアップをしていこうというものです。

などの方法を効果的に使って、仕事をもっと快適に、効率的に進める方法論を学びます。

先着順で受け付けていますので、興味がある人は下記のフォームからお早めにお申し込みください。

ちなみに、勉強会に参加できないと言う人は、ファシリテーションのワザを1日1個お届けするメールマガジンにご登録ください。

メルマガ購読・解除 ID: 1166971
1日15秒ファシリテーション・セミナー
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

通販広告センター試験

「JIMOS通販広告センター試験」より抜粋です。
次に示す化粧品の広告は、キャッチコピー以外はまったく同一のものですが、反応率には大きな開きがあります。どちらの方が反応率が高いでしょうか?

ビジネス・コミュニケーションの力は、このようなキャッチコピーの選び方で、もっとも強く発揮されるものかもしれません。だって、キャッチコピーをたった一つ変えただけで売上が何倍も違ってくるものなのです。
この「通販広告の成功法則」を研究しているのが、通販広告研究所の小野寺洋所長(株式会社JIMOS所属)です。何千パターンという試行錯誤の結果たどり着いた、マーケティングをやるならば絶対外してならないポイントとは?外部秘の情報も含めて徹底的にお話しいただきます。 (競合企業の方は参加をご遠慮下さい)
仕事でマーケティングに携わる人はもちろん、コミュニケーションのスキルアップを目指す方も必見です。

ゲストスピーカー

小野寺洋 (おのでらひろし)さん
株式会社JIMOS 通販広告研究所 所長
「効く広告」の研究とプロデュース、講演活動等を生業としています。 【略歴】 大学卒業後、出版社に入社。お客様と商品の“接点”開発に目覚める。 2005年より、株式会社JIMOSにて自社通販ノウハウを元にしたダイレクトマーケティング支援事業を行う。 大手代理店にはない独自のアイディアや成功法則を武器に、広告をプロデュース。 教育、食品、美容など、数多くの分野で成功を収める。 1973年佐賀県生まれ。佐賀大学理工学部卒。
多数の広告の研究と分析により、成功確率を圧倒的に高める
広告企画・制作方法を確立しています!

テーマ

  • 「広告で失敗しない」ためのノウハウとは?
    小野寺氏が率いる通販広告研究所が過去行ってきた、2,500パターンを超える実際の通販広告をもとに、「当たる」=反応率が良い広告と、反応率が悪い広告の違いを徹底的にお話いただきます。「38%の法則」、「新聞広告成功のヒミツ」など、明日から使えるノウハウ満載です。

  • 通販は究極の「ビジネス・コミュニケーション」だ!
    数限りない試行錯誤から分かったのは、通販をはじめとするマーケティングの手法は、「究極の」コミュニケーションであると言うこと。では、これを普段の職場において活かすには?

  • マーケティングで本当に大事なたった一つのこと
    マーケティングは、もちろん一義的にはお客様に「買っていただく」ことを目的としていますが、それだけで終わりではありません。マーケティングを通して本当に実現すべきことは、PDCAのサイクルを自律的に回せる、強い組織風土をつくることです。このために、マーケティングが果たす役割は?

注目のポイント!

今回ご登場いただく小野寺さんは、その肩書きからも想像つくとおり、通販の世界の表も裏も知り尽くしたまさに達人。その秘訣は、もちろん膨大な「場数」を踏んでいることにありますが、本当の凄みはそのような「仮説・検証」を怠らない姿勢を組織に浸透させたところにあります。ともすれば、卓越した個人の「カン」と「経験」に頼りがちなこの分野に科学的アプローチを持ち込んだことこそが、小野寺さんの「凄み」なのです。

一見穏やかな笑顔に隠された小野寺さんの「凄み」を、ぜひ体験下さい。

お断り

競合企業の方のご参加はご遠慮いただく場合がありますので、ご了承下さい。


開催概要

日時 2011年03月25日(19:30 - 21:00)
開催場所京橋プラザ区民館1号室
(中央区銀座1丁目25番3号)
参加費2,000円(税込)
定員10人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年03月25日

通販の「成功法則」を科学する[広告編]

中央区銀座1丁目25番3号

http://kokucheese.com/event/index/9398/

こんにちは。シンメトリー・ジャパン代表の木田知廣です。 ビジネスで、「ちゃんと聞いてたのかよ~」ってボヤきたくなることありますよね? 部下への指示や社内で仕事を頼んだ時、あれほど詳しく説明したのに、...

> >

イベントは終了いたしました。