手紙という日常のちいさなやりとりから、物語や詩をつくるワークショップを開催しています。

ふしぎな国のアリスで出てきた、いかれ帽子屋をおぼえていますか?
「なんでもない日おめでとう」って歌っている人のこと


「なんでもない日」というのは英語で「unbirthday」
誕生日でない日のこと。

でも、考えてみてください。

誕生日や文化祭の打ち上げ、祝勝会。
入学式や卒業式、結婚式など。
さまざまな嬉しいことや楽しいこと、悲しいことがあると人は集まります。

けれども、あなたの人生をかえた多くの出来事は
特別なお祝いなしに過ぎ去ってしまいます。

まわりから見たら「なんでもない日」
けれども、あなたからみたら「人生の節目」
をいわうことはなかなかありません。

例えば
・はじめて飛行機に乗ったとき
・遅刻寸前のところを走って会社に間に合ったとき
・いままで吹けなかった曲をリコーダーで吹けたとき

のような想い出に残る日のお祝いをしたことはありますか?

・すばらしい先生と出会ったとき
・はじめて数学の問題が解けたとき

のような後々の人生を変えるようなことのお祝いをしたことがありますか?

今回のワークショップでは、
いままでの生活をふりかえっていただき、
やりわすれていた嬉しいことをお祝いするための
または
忘れられなかった悲しいこととお別れするための

祝う会をかんがえたいとおもいます。

ぜひ、お越しください。

対象年齢


今回のイベントは、小学生以上を対象にしております。
親子で参加される際は、大人一人に付きお子様一人まで、一人分としてあつかわせていただきます。
親子でたのしめるワークショップなので、ぜひ楽しみにしてください。

「書けるワークショップ」について


「書ける!」ワークショップは星座や音、手紙といった身近なものをテーマにして、物語や詩といったことばを使って伝えることのできる作品をつくるワークショップです。

2009年に「書くワークショップ」という名前で創造的な文章の書き方を見つけるワークショップとして始まりました。
埼玉、高知、福岡での出張開催や専門学校での授業、
ワークショップ・コレクション、コミュニケーション・ベースといった大規模なイベントに参加しています。

小学生以上の人を対象に開催に
小さなアイデアから浮かぶ「発想のゆたかさに目を向けること」
ひとりひとりの持っているものの見方を「尊重すること」
グループワークを取り入れることによって「アイデアを交換すること」

短い時間で体験する時間を提供しています。


開催概要

日時 2011年04月29日(14:00~16:30)
開催場所角川庭園・幻戯山房 「すぎなみ詩歌館」
(東京都杉並区荻窪3丁目14番22号)
参加費1,000円(税込)
定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年04月29日

「書ける!」ワークショップ なんでもない日のお祝いを考えよう

東京都杉並区荻窪3丁目14番22号

http://kokucheese.com/event/index/9371/

手紙という日常のちいさなやりとりから、物語や詩をつくるワークショップを開催しています。 ふしぎな国のアリスで出てきた、いかれ帽子屋をおぼえていますか?「なんでもない日おめでとう」って歌っている人のこと...

イベントは終了いたしました。