新聞記者が教える「プレスリリース」の書き方 無料セミナー開催

基本スタイルからウラ技まで
誰も教えてくれない“必中法”を解説

プレスリリースの無料掲載サイト「宣伝名人」を運営する合同会社ライトスタッフ(大阪市北区 代表社員:北村盛康)は、元産経新社記者の井上雅雄氏を講師に招き、無料セミナー「誰も教えてくれない本当のプレスリリースの書き方」を開催します。

社会に向けた公式な情報発信の手法として知られるプレスリリースは、いまや企業の知名度や信頼性アップに欠かせない存在となっています。発信した情報がメディアに取り上げられた場合、広告以上の大きな効果も期待できます。しかし、メディア受けする「正しいプレスリリース」の書き方となると、ほとんど誰も知らないのが実情です。そこで、マスコミ現場で、20年にわたって「プレスリリース」を扱ってきた元ベテラン記者を招き、「本当のプレスリリース」の書き方をお伝えします。

<内容>
・プレスリリースって、いつ出せばいいの?
・どんな用紙に、何枚書けばいいの?
・チラシや広告とはどこがちがうの?
・誰に、どんな方法で発信すればいいの?
・メディアは、どんなプレスリリースを求めているの?
・絶対やってはいけないことってあるの?

<開催データ>
名  称 :誰も教えてくれない本当のプレスリリースの書き方
講  師 : 井上雅雄(いのうえ まさお)
日  時 : 2011年4月22日(金)18:45~20:45
場  所 : 大阪産業創造館 6F 会議室A・B  [大阪市中央区本町1-4-5]
受講対象: 企業の広報担当者・経営者・個人事業者
受講者数: 80席
主  催 : 合同会社ライトスタッフ http://www.writer.co.jp/
料  金 : 無料

※下記より当セミナーの申し込みができます。
http://www.writer.co.jp/index_seminar.html

<講師>
井上雅雄プロフィール
1988年4月、産業経済新聞社(産経新聞社)に入社し、21年間勤務。現場記者として、事件、裁判、行政を取材。社会部デスク、文化部デスク、SANKI EXPRESS副編集などを歴任し、2009年退社。企業や行政、市民団体を対象に文章講座を行うほか、作文コンクール、映像コンクールで審査員を務める。著書に「ライバル物語」(共著)、社史「大阪新聞社75年史」を編纂。現在は、フリーのライター・広報コンサルタントとして活動中。

≪宣伝名人とは≫
宣伝名人とは、宣伝(訴求するための情報発信)・広報(社会の信用を得るための情報発信)に関するあらゆる悩みを解決すべく、さまざまなサービス(宣伝・広報ツール制作、コピー作成、広告・広報戦略のプランニング等)、および情報提供を行なうサイトです。
URL http://www.writer.co.jp/

■会社概要■
名 称:合同会社ライトスタッフ
代表者:北村盛康(きたむら もりやす)
所在地:〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
企業・個人の情報発信支援サイト「宣伝名人」  http://www.writer.co.jp/
プロライター情報サイト「関西ライター名鑑」 http://www.writer.gr.jp/

【本件に関するお問合わせ先】
合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ) 
担当:吉永安智
TEL:06-6364-5657
info@writer.co.jp


開催概要

日時 2011年04月22日
開催場所大阪産業創造館 6F 会議室A/B
(大阪府大阪市中央区本町1-4-5)
参加費無料
定員80人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年04月22日

新聞記者が教える「プレスリリース」の書き方 無料セミナー開催

大阪府大阪市中央区本町1-4-5

http://kokucheese.com/event/index/9012/

新聞記者が教える「プレスリリース」の書き方 無料セミナー開催 基本スタイルからウラ技まで 誰も教えてくれない“必中法”を解説 プレスリリースの無料掲載サイト「宣伝名人」を運営する合同会社ライトスタッフ...

イベントは終了いたしました。