メンタルヘルス入門
~人生の質を上げる生活の知恵~こころのコリをほぐすには~

医療機関で、「お大事に」、「ゆっくりとしてくださいね」という言葉はよく耳にされると思います。しかし、「心身を大事にする(休ませる)」とか「ゆっくりする」ために具体的な方法やその意味を教えてもらった経験はありますか?
本セミナーでは、『光のワーク』や『ゆっくりのリズム形成』などの分かりやすい日常の言葉を使って、「気持ちが落ち着き、楽になる」具体的な方法をお伝えします。
日々の臨床経験から出てきた一味違った知見をお楽しみください。

≪講座概要≫ 90分
1)心が病むとは
2)超まとめ:これだけはメンタルヘルス
3)緩やかな流れに乗れば、見えないものが見えてくる
4)話すこと・聴くことの究極の意味
5)実践的・効果的な聴き方
6)心のベースラインを上げる3大ワーク
7)気をつけたい「こころのSOS信号」
8)ゆっくりと休むには(気分転換の落とし穴)
9)こころのコリをほぐすためのとっておきの考え方


≪受講者の感想など≫ 
*「途中変更や中断を認める勇気をもつ」という話をして
頂いて、休んだりすることも大切で悪いことではないと
思えて少し気が楽になりました。太陽の光を浴びながら、
休むことも大切に自分のペースを大切にしながら、一歩
ずつ成長していきたいです。

*お話を聞かせてもらって、自分にあてはまることや今後
ストレスを感じた時に行いたいなと思うことが多くあり
ました。普段の生活から光のワーク・ゆっくりのリズム
形成を意識して行っていけたらいいなと思いました。

*どちらかというと、マイナス志向に考えてしまう方で、
落ち込んだりすることも多いのですが、違う視点で物事を
考えていくことで、ゆるむことが出来るようになれたら
いいなと思いました。

講師:北田 義夫 氏(きただ よしお)
臨床心理士、CEAP(従業員支援プロフェッショナル:EAPA認証国際資格)

三重県内の心療内科でカウンセリング部門の責任者として勤務の傍ら(非常勤)、産業・教育・司法領域で多くの相談者と出会う。
1週間に100を越える面接をするカウンセラー。豊富な実践経験から得られた知見をベースに、「光」、「ゆっくり」という分かり
やすい言葉を駆使しながら人間の心の動きを簡単に説明する。
その一方、メンタルヘルス、コミュニケーション、人間関係をテーマに心理教育のプロ(マイスター)として講演活動に従事し、
好評を得ている。専門は認知行動療法で、主な研究分野は復職支援プログラム。
社会的な活動:日本行動医学会評議員、犯罪被害者支援委員、不登校引きこもりの家族に対して家族総合支援室を毎月主宰している。


開催概要

日時 2011年03月24日(2011年3月24日(木)17:00-18:30(受付16:30-) )
開催場所SBキャリアカレッジ梅田校<大阪駅前第3ビル10階>
(大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル10階)
参加費4,000円(税込)
定員30人(先着順)
主催

イベント概要

2011年03月24日

メンタルヘルス入門~こころのコリをほぐすには~

大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル10階

http://kokucheese.com/event/index/8941/

メンタルヘルス入門 ~人生の質を上げる生活の知恵~こころのコリをほぐすには~ 医療機関で、「お大事に」、「ゆっくりとしてくださいね」という言葉はよく耳にされると思います。しかし、「心身を大事にする(休...

イベントは終了いたしました。