当フォーム以外からの申し込みが多いので、当フォームにおける申込数の上限を減らしました。

高岡健さん講演会
『医療の役割、そして私たちに出来ること
~不登校・発達障がい・ひきこもりと医療の関わり~』


最近、何かと話題の児童精神科医 高岡健さんが静岡にやってきます。
なかなかない機会ですので、この機会にぜひご参加ください。

主催: ふじのくにエデュケーショナルネットワーク
共催: NPO Liveral
    暮らしと遊びの場 野のはな
    憩いの森の楽煌
    子どもの実☆ココナッツ
    NPO法人富士山ネイチャークラブ
    NPO法人森の蘇り
    生き活きクラブ
    富士市不登校家族の会Izumi
後援: NPO法人ゆめ・まち・ねっと、
    登校拒否を考える会・静岡

参加費: 前払い  1000円
     当日払い 1500円

託児も受け付けておりますので、ご希望の方はその旨も事前にご連絡ください。
特別な対応が必要な場合、お断りすることもありますのでご了承ください。
利用料: 500円(子ども一人当たり)

※1 申込みをされた方には、追って参加費の振込先をご連絡いたします。
 前払いの方は13日12:00までにお願いします。
 13日までに入金が確認できない場合、当日払い(1,500円)となります。
 なお、理由の如何に関わらず、返金は致しかねますのでご了承ください。

※2 このページ以外でも申込みを受け付けていますので、このページで申込み数が120人に達していない場合でも申込みを締め切らせていただく場合もあります。


以下、チラシ本文。

不登校、ひきこもり、発達障がい、アスペルガー、ADHD、LD、etc...どこかに存在するらしい”普通”と少しでも異なるだけで、あらゆる名前を付けられ、あらゆる理由づけをされます。名前を付けることが悪い、というわけではないですが、名前があれば病気、なければ健常というように区別して捉えてしまうことは非常に問題です。
 確かに、医療は重要で、医療が必要な場合もあるでしょうが、名前がつけられたから病気で医療が必要となるわけではありません。また、医療を受ければ何もかもが大丈夫というわけでもありません。
 どんな名称を付けられ、語られようとも、大切なのは子どもひとりひとりの現状に向き合い、それぞれが考え、ともに生きていくことです。
 医療とは何か、医療にできること、できないことを知り、もう一度子どもひとりひとりと向き合い、私たちに何ができるか考えてみませんか?


開催概要

日時 2011年05月14日(午前9:30~11:45(途中参加も可能です))
開催場所静岡駅パルシェ7階会議室
(静岡県静岡市葵区黒金町49番地)
参加費1,500円(税込)
定員50人(先着順)
申し込み終了2011年05月12日 23時59分まで
主催

イベント概要

2011年05月14日

高岡健さん講演@静岡『医療の役割、そして私たちに出来ること』

静岡県静岡市葵区黒金町49番地

http://kokucheese.com/event/index/8849/

当フォーム以外からの申し込みが多いので、当フォームにおける申込数の上限を減らしました。 高岡健さん講演会 『医療の役割、そして私たちに出来ること ~不登校・発達障がい・ひきこもりと医療の関わり~』 最...

イベントは終了いたしました。