エイズの社会学 タイトルロゴ画像

それを語るには、彼女たちの愛の話が欠かせません。

JVCアフリカボランティアチームより、アフリカをもっと知りたい人へ、ちょっと詳しくなれる講座をご用意しました。 連続講座「アフリカまるわかり講座」その初回は、女性限定でお届けします。 南アフリカでは、5人に1人がHIVに感染しています。性行為で感染が広まるHIV、そこに欠かせないのが、現地の女性たちの、愛と生活のお話です。

HIV陽性の母と子の写真

講師にお迎えするのは、SHAREの青木美由紀さん。JVCと共同で実施している南アフリカのHIVの予防啓発・陽性者支援に携わっていました。今回は、彼女がそこで出会ってきた女性たちについて、主観たっぷり、思い入れたっぷりに語ります。

下北沢のアフリカ雑貨屋「African Forest」さんと協力してアフリカのおやつもご用意しました。とてもおいしいものを選びましたので、お楽しみください。

※女性限定イベントです。性同一性障害の方もご参加いただけます。

本講座では、HIV陽性の女性についてお話しします。南アフリカでは、HIV/AIDSを取り巻く状況に、男女間で大きな差があります。そういった状況の女性たちについて、より深く共感していただければと思い、男性の目を気にせず講師と参加者がコミュニケーションできる場を目指し、女性限定といたしました。

<講師ご紹介>

青木 美由紀 NPO法人シェア=国際保健協力市民の会スタッフ 青木氏写真

宮城県石巻市生まれ。20歳のときにメキシコの小さな港町で、路上で生活する子どもと出会い、世界の格差を目の当たりにした時から、国際協力を目指す。NYで国際教育開発を学びながらストレートチルドレン支援を行う。日本での企業勤務を経て、2000年よりシェアで東ティモールの保健プロジェクトに従事。2005年8月から2007年4月まで南アフリカ・リンポポ州に駐在し、JVCと共同でHIV/AIDS支援に取り組む。現在は、東京を拠点にアフリカでの経験をさまざまな形で発信している。

他にもこんな企画を準備中です。

  • ワールドカップから見る南アフリカの現状
  • 雑貨を通じてみるアフリカ
  • 食べられないアフリカ、ごはんを残す日本

最新情報はアフリカチームのホームページでチェック!

http://www.ngo-jvc.net/blogs/africateam/kouza2009.html

新型インフルエンザの流行にともない、イベントを中止する場合があります。中止の場合は、前日までに本サイトで告知すると共に、お申し込みいただいた方にはメールでご連絡いたします。あらかじめご了承下さい。


開催概要

日時 2009年06月24日(19:00~21:00)
開催場所早稲田大学7号館206教室 東西線早稲田駅徒歩5分 大隈銅像向かって右手
(新宿区西早稲田1-6-1)
参加費無料
定員50人(先着順)
懇親会定員制限はありません
主催

イベント概要

2009年06月24日

【JVC】女性限定「エイズの社会学」~南アフリカのLove&Life~

新宿区西早稲田1-6-1

http://kokucheese.com/event/index/85/

![エイズの社会学 タイトルロゴ画像](http://www.ngo-jvc.net/vteam/africa/kouza/hiv2009title03.png) **それを語るには、彼女たちの愛の話...

イベントは終了いたしました。