日本においても1926年11月1日 建築家 今井兼次(1895-1987)が
スイス・ドルナッハを訪れて以来85年が経過しました。
 建築、彫刻、絵画、ヴァルドルフ教育、治療教育、医学、薬学、
バイオ・ダイナミック農業、音楽、朗唱、演劇、オイリュトミー、
自然科学、社会有機体論、数学、天文学、キリスト論、カルマ論、
歴史兆候学、認識論、人間学、瞑想論等、
現代のあらゆる分野にその成果を展開しています。
 ルドルフ・シュタイナー生誕150年を記念して、
講演会、展覧会を催します。
 様々な分野でご活躍の皆様の
積極的なご参加をお待ちしています。

 一般社団法人普遍アントロポゾフィー協会—邦域協会日本 理事会・運営会

2011年2月26日(土)
10:30~   大学会員の集い *大学会員証必携
13:00~   ルドルフ・シュタイナー絵画(複製)展(~17:00)
       ゲーテアヌム天井画、「自然の気分」など20数点
* 13時から15時の間で、生花のデモンストレーションがあります(約30分)。 
裕里子・ヨープスト/クリストリープ・雄峰・ヨープスト


2011年2月27日(日) *会費1,000円
10:00~   オイリュトミー 『定礎のことば』
記念講演
10:30~   ルドルフ・シュタイナーの生涯と業績
        上松 佑二/
普遍アントロポゾフィー協会 邦域協会日本理事長

11:45~13:00 休憩 

13:00~  色彩と共に描く行為 と 精神の自己教育
        永野 裕子/画家
13:30~  シュタイナー教育とオイリュトミー 共に歩んだ24年
        秦 理絵子/シュタイナー学園
14:00~  アントロポゾフィーの世界観と日々の教育現場
        ヴィリギリウス・フォーグル/東京賢治の学校
休憩
15:00~  アントロポゾフィー医学
        山本 忍/神之木クリニック
15:30~  芸術の使命    
        石川 恒夫/
普遍アントロポゾフィー協会 邦域協会日本理事
16:00~  書面報告
        (京田辺シュタイナー学校、
四国アントロポゾフィークライス 他)
    交流会
17:00    閉 会
*内容に変更がある場合があります。

 この行事はドイツ大使館の「日独交流150周年」記念行事に公認されています。


開催概要

日時 2011年02月26日(20110227)
開催場所オイリュトミーハウス
(東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102)
参加費1,000円(税込)
定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2011年02月26日

ルドルフ・シュタイナー生誕150周年記念会議

東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102

http://kokucheese.com/event/index/8344/

日本においても1926年11月1日 建築家 今井兼次(1895-1987)が スイス・ドルナッハを訪れて以来85年が経過しました。  建築、彫刻、絵画、ヴァルドルフ教育、治療教育、医学、薬学、 バイオ...

イベントは終了いたしました。