「非常に内容が濃かったと思います。
 この2時間は短かった。」
 製造業 営業統括本部長


【「うちは、営業力がない・・・」とお嘆きの経営者様必見】


「売上UPももう限界!しかし売上をあげなければ、これ以上社員を養っていけない!」
こんなお悩みを抱えた企業様は決して少なくはありません。

しかし、経営者にとって、最大の敵はあきらめ。

コストカットも限界まで行き着き、残された術は、「いまいる人間で、一致団結してどこまで頑張れるか」しかないのです。

自社の営業マンが、一所懸命やろうとしている現実を理解し、
その頑張りを認めた上で、
もう1段高みにあがれないか、もっとその頑張りを成果に結び付けられないか、
社長、マネージャーが考えなければいけません。

彼らの頑張りをより高い成果に結びつけるためには、1年間の目標を1日の行動に落とし込み、日次でPDCAサイクルを回すことが必要となります。

では、それを可能にする具体的な実戦方法とはどのようなものなのでしょうか・・・?
そして、成果を出しながら部下を育てる徹底した現場指導とは・・・?

弊社代表の丸茂が、コンサルティング会社でのセールスの実績と、
首都圏エリア25名の事業部内でのマネジメント経験を元に
最強の組織をつくるための営業マネジメント手法を情熱的にお伝えいたします!
なぜ、丸茂のチームは劇的な成長を遂げるのか。全てのカギは、マネジメントにあります。

■<本セミナーでお伝えする内容>
 1.マネジメントセルフ診断3つの鉄則
 2.会議・日報マネジメント
 3.明日から実践できるマネジメント事例

■<セミナー参加で得られるメリット>
 ・経営者として、マネージャーに実践させるべき、営業マネジメントの方法がわかります。

 ・マネージャーのあるべき姿、持つべき思考が明確になります。
 ・営業力を強化し、売上をUPさせる『きっかけ』となります。
 ・モチベーションがUPし、「行動」が変わります!!

■<参加企業様の声>  マネジメントセミナー参加者アンケート一部抜粋

「実体験から来る言葉は心に届きます。本当に勉強になりました。」
サービス業 取締役部長

「組織の目標を立て、常に挑戦する場を作り、実行に移さねばと考えさせられた。戦う管理職になりたい。」
飲食業 店長

「マネージャーの職務の重要性を改めて理解することができました。」
冠婚葬祭業 代表取締役

「抽象的な話ではなく、実践しているマネジメントの具体例が聞けて良かった。2時間があっという間だった。」
不動産業 管理部課長

「意識は変えられない。行動を変えることがとても重要である。セミナーで得た知識をまず実践させる。聞いただけで終らせていては何の意味もない。」
建設業 代表取締役

「マネージャーとしての自分を省みることができた。反省点ばかりであったが今後の目標が明確になった。」
食品メーカー 営業部長

「ベンチャー・リンクが牛角を800店舗も展開支援、成功した理由は、このような手法にあるのだと感じた。」
コンサルティング業 マネージャー

「非常に内容が濃かったと思います。この2時間は短かった。」
製造業 営業統括本部長

「大変有意義な時間となりました。是非、他の社員にも参加させたい。」
健康食品販売業 代表取締役

「マネージャーの心構えが参考になりました。行動あるのみ。」
IT業 専務取締役


■ 講師
株式会社トレーニング・カンパニー 
代表取締役社長 丸茂 喜泰
講師のご紹介はコチラ

【参加者限定プレゼント】
「最強マネジメントブック」贈呈


--------------------------------------------
【問合せ】
株式会社トレーニング・カンパニー 大阪支店
(旧・中小企業研修機構株式会社)
Tel:06-6377-8411
Fax:06-6377-8415
HP:http://www.training-c.co.jp/


開催概要

日時 2011年02月18日(15:00~17:00)
開催場所新大阪丸ビル本館
(大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27)
参加費無料
定員10人(先着順)
申し込み開始2011年01月28日 09時00分から
申し込み終了2011年02月17日 23時59分まで
主催

イベント概要

2011年02月18日

【マネジメント力強化】マネジメント手法公開講座<大阪>

大阪府大阪市東淀川区東中島1-18-27

http://kokucheese.com/event/index/7494/

「非常に内容が濃かったと思います。  この2時間は短かった。」 製造業 営業統括本部長 【「うちは、営業力がない・・・」とお嘆きの経営者様必見】 「売上UPももう限界!しかし売上をあげなければ、これ以...

イベントは終了いたしました。