国の借金が大変なことに!という報道を毎日のように見ます。
同じように「地方分権」「地域主権」「道州制」などの言葉もあちこちで見かけます。
夕張市が破綻したニュースから月日は経ちますが、「地域主権」の主役になるだろう「市・町・村」の財政は、果たして大丈夫なのでしょうか?
心配ではあるけれど、財政のことってよくわからない・・・

今回の企画では第一部と第二部の二部構成で、2コマで学びます。

市民講座として企画されていますので、経理や行政などの専門的な知識のない方も安心してご参加ください。
立候補を考えている地方議員のみなさんには、目からウロコの基本のキ、の貴重なお話を、ぜひこの機会に聞いて、政治のなすべき立ち位置の確認を!吉田教授の講義は、これまでに受講した全国各地の地方議員から「目からウロコ」と評判になっています。

吉田教授の講義は、東海地区では初めての開催です!(北陸、関西など各地で開催)



●第一部 13:30~15:00
「子どもにツケをまわさない!~公会計ってなに?~」
そもそも財政とは? そもそも税金とは? お会計ってどういうこと?
難しい数字は抜きに、歴史から紐解いた基本と本質のお話です。

●第二部 15:15~16:30
「子どもにツケをまわさない!~役所のバランスシートを読もう・大府市のデータから~」
本質を踏まえ、実際に公開されているバランスシートをもとに、
今回の会場となる大府市のデータを実際に用いて
数字の読み方、税金がどうなっているのかについて具体的に解説します。

●講師
吉田 寛 氏
(公認会計士千葉商科大学大学院教授・公会計研究所代表・自由経済研究所代表・博士(政策研究))

●当日お持ちいただく物
参加費・筆記具


▼呼びかけ文▼
北海道夕張市の財政破綻をきっかけに「行政は破産しない」という言葉は絵空事であることが明らかになりました。財政破綻の機器に直面する国からの自治体への交付金も期待できません。さらには昨今の未曾有の金融危機が、自治体軽々にも大きな影を落とし始めました。
今こそ「そもそも財政とは」「そもそも税金とは」という基本に立ち返り「均衡財政がなぜ必要なのか」という視点で自治体経営を見つめ直すべき正念場の時代です。
「子どもにツケをまわさない!」ための自治体経営の哲学や理念、そして大府市の財政改革の手法を、「吉田教授の楽しくわかりやすい講義」を通して、一緒に考えていきましょう!


開催概要

日時 2011年02月12日
開催場所大府市勤労文化会館3階 つつじの間
(愛知県大府市明成町一丁目330番地)
参加費500円(税込)
定員40人(先着順)
主催

イベント概要

2011年02月12日

子どもにツケをまわさない!~わかりやすい税金のはなし~

愛知県大府市明成町一丁目330番地

http://kokucheese.com/event/index/7388/

国の借金が大変なことに!という報道を毎日のように見ます。 同じように「地方分権」「地域主権」「道州制」などの言葉もあちこちで見かけます。 夕張市が破綻したニュースから月日は経ちますが、「地域主権」の主...

イベントは終了いたしました。