「ありのままで癒される タオイズムの人間関係構築術」
~いつでも誰でもどこでも"Loving Presence"で元気になる~


ラビング・プレゼンス(Loving Presence)とは、ハコミセラピーという心理療法 の基盤となる考え方で、自分も相手も同時に元気になれてしまうという、とてもユニークな実践メソッドです。

繊細で柔和な方法を用いて「心と身体からのメッセージ」を探求していくハコミ セラピーは、内省的かつ人間関係を重視する傾向の強い、多くの日本人に適した 、包括的な心理療法として知られています。

その基本的な考え方は、ブッダの教えやタオイズムなどの東洋思想と 多くを共有したもので、穏和さ、尊重、共感 、優雅さ、沈黙などの考え方が強調されています。 1980年代にアメリカ人のセラピストであるロン・クルツによって確立されました。

今回ご紹介させていただく「ラビング・プレゼンス」は、心理療法の分野 だけに留まらず、ボディーワーク、医療看護、介護福祉、コーチング、 さまざまな教育現場などなど、あらゆる「援助職」に従事されている方々の 役に立つ、非常に具体的な実践メソッドです。また、すべての人がこのメソッドを応用して 日常の人との関わりを安定させ、もっと楽しめるようになります。 それは、ユニークなトレーニング方法によって、誰でも身につけることができるものです。

わたしは、このトレートレーニングを受けた後、たまたまマッサージの仕事をす る機会を得ました。
マッサージしているとき、なぜか肉体的にも精神的にも全く疲れないことに気が つき、それどころか自分の状態が必ずしも良くないのに、クライアントの身体に 触れているうちに、次第に頭がスッキリして元気になっていることもありました。
そして、それは高野さんから教わったハコミセラピーの「ラビング・プレゼンス」 であることがわかりました。

ボーディワークでは「グラウンディングやセンタリングが重要」と言われています。
相手の役に立ちたいという思いは自分の身を削って相手に与えることがあり、 それは肉体的にも精神的にも負担が大きく、自分がもたないだけでなく、 セラピーとしても充分な効果を発揮できないことがあるからです。

クライアントに充分満足してもらえて、なおかつ自分はさらに元気になるとしたら、 これほど幸せなことはないでしょう。

ラビングプレゼンスはそれを達成するためのメソッドで、一度身につければあらゆる場面で使うことができ、以下のような特徴があります。

・手順ややり方がシンプルで誰にでも身につけられる。
・独特の方法で対象を選ばない。
・熟達すれば、日常的に自然に使えるようになる。
・クライアントを癒しながら、自分も癒されて元気になる。


講師の高野 雅司さんは米国で学んだハコミセラピーを1997年から日本で紹介し、 たくさんのセラピストを養成してきました。

そうした中、すべての人の役に立つ、非常にシンプルでユニークなメソッド 「ラビング・プレゼンス」 を、もっともっと多くの方に触れていただき、日常的 に 活用していただきたいという高野さんの強い思いによって、 受講費:8000円 (早割:7000円)という破格でのワークショップ開催が実現しました。

コーチ、カウンセラー、セラピスト、ボディワーカーなどの方はもちろん、 医療・教育・福祉などの分野でお仕事をされている方、またどんな人間関係 でも疲れずに元気になりたいと思われる方、ぜひご参加ください!

                              ラビング・プレゼンス研究会
                                   事務局 森山千賀子


<開催概要>

■日  時: 1月22日(土) 10:00-17:00
■会  場: 東京都中央区(お申込の皆さんにお知らせします)
■講  師: 高野 雅司 (ハコミ公認トレーナー)
■参加費: 8,000円 ※早割 7,000円(1月8日までにご入金の場合)
■定  員: 20名
■お問合せ:下記フォームよりお問合せください。
事務局スタッフ 笹田裕彦、森山千賀子


<講師紹介>
高野 雅司(たかの まさじ)
心理学博士(Ph.D.)、ハコミ公認トレーナー、日本トランスパーソナル学会理事。

高校時代に抱いた「なぜ戦争はなくならないのか?」という素朴な疑問を 出発点として、一人ひとりの「心の平和」の実現からより良い世界が生み 出されていくというビジョンを思い描き、そのために何ができるのかを考え、 自分なりに模索し続ける。

明確な答えは見えないまま、大学卒業後も同じような思いを抱きつつ会社員 生活を送っていたが、30才にして会社を辞め、自らが求める答えのヒントを 得るべく渡米。カリフォルニア統合学研究所の東西心理学部を卒業し、 博士号を取得。その一方で、ハコミセラピーとの運命的な出会いを経て、 公認プロフェッショナル・トレーニングを修了し、その後は臨床経験も深める。

1997年に(ほぼ無一文で)帰国後は、ワークショップやトレーニングコース を通じて、ハコミの紹介と普及に力を注ぐと共に、コミュニケーション全般に 関する研修/コンサルティング活動なども行っている。

また、特に現在は、自らの原点にある思いを実現していくための重要なカギ として、ラビング・プレゼンスの幅広い普及をライフワークとして位置づけ、 世界中に普及させるべく意欲を燃やしている。

著書『トランスパーソナル心理療法入門』(2001年、日本評論社、編共著)ほか。
訳書『ハコミセラピー』(1996年、星和書店、共訳)、ほか。


開催概要

開催場所東京都中央区(お申込いただいた皆さんにお知らせします)
参加費8,000円(税込)
定員15人(先着順)
主催

お申込みはこちら