こんにちは。
パブリックスピーキング・ラボラトリーの林洋一です。

今回のセミナーテーマは
ずばり

「集客法」

です。

特徴は

・小予算で(ほぼ0の予算で)
・超優良な顧客を獲得できる

集客法だということです。

当たり前すぎる特徴ですが
今、これを実現するのはかなり大変ですよね。

ネット広告や新聞広告で
小予算で顧客を獲得するのは至難の業になっています。

メールマーケティングですと
1万件リストが集まっても
8000件は捨てアドレスだったりしますし

新聞広告の反応率も全体的にかなり下がってきています。

小冊子の請求になると、3万件の媒体で
請求0なんてこともざらにおこるようになりました。

クライアントから悲鳴のような報告がたくさんきますので
私もかなり考えさせられました。

状況はかなり、煮詰まってきていますね。
こんなときは

「逆」

を行うことがかなり有効です。

集客で成果を出す基本は

・新しいやり方か
・人と逆のこと

を行うことです。

おおよその目安として

10%の人しかやらない集客法はかなりの効果があり
50%の人がしている集客法は、そこそこの効果が限界で
80%の人がする集客法で成果を出すのはかなり困難です

テレビのスポンサー離れはかなり深刻ですが
新聞広告離れ、ポスティング広告離れ、ネット広告離れも
同じくらい深刻です。

では、それらの逆を行うというのは
具体的には何を行うのか?

それが、講演会集客法です。
詳細は申し込みページをご覧になってほしいと思いますが

 

ようは、これまでのDRM
(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
の流れに逆行するということです。

ひとつわかりやすい例を出すと

・同じ説明を何度もするのは効率が悪い

・一度録音して、それをネットで配れば効率がいい。
  一度文章化して、小冊子にして配ればいい

これが、DRM、そしてネットマーケティングの基本です。
効率重視の考え方です。

確かにこれなら、一度にたくさんのお客様に
労力をかけずにアプローチすることができます。

これを逆にするのです。
つまり

・小冊子や録音音声で伝えていた情報を
  対面で、1回1時間をかけて、その都度話す

のです。

作業効率はかなり悪いやり方です。
PDFや、小冊子を送ったほうが圧倒的に楽です。
でも、それをあえてやるのです。

DRMの達人が聞いたら
アホか
というかもしれません。

でも、今はこれが一番有効です。
かなり効きます。

このやり方で

布団屋さんは、15万円の布団をばしばし売っていますし
美容室さんは、新規顧客を毎月5名獲得しています。
医者や弁護士の方も、バンバン新規顧客を獲得しています。

私は、この1年間、個別コンサルに集中していて
ありとあらゆる業界で広告を書きまくってきました。

ただ、どんなにいい広告を作るより
どんなにいい無料プレゼントを作るより
このやり方のほうが最終的に
儲けが大きくなることがわかりました。

みんなにばれたら失業してしまいそうです(笑)

それは冗談で
もちろん、新聞広告などの既存媒体はなくなりはしませんし
いいコピーを書けば、一発で大儲けできる可能性も
なくなりませんが少なくともいえることは

ほとんどの中小企業は
新聞広告やネット広告を止めて
この集客法に集中したとしても
今と同じか、それ以上の利益を上げてることができる
ということです。


経営自体も格段に安定します。

考えてみれば当たり前のことで

ネット広告がない時代も、商売人は儲けていました。
新聞広告がない時代でも、商売人は儲けていました。
いい暮らしができるだけの儲けは出していました。

なぜなら、集客コストが低かったからです。
そして、集客効率が良かったから
です。

むしろ、そういう媒体が出現してきたことで

・集客コストの増加で、会社に残る利益が少なくなったり
・1回の集客失敗が経営への打撃になるような脆弱さを抱えたり
(2,3回広告の反応が0だと経営が揺らぐ会社はかなりあります。)

しています。

要は、本来、出すべきでない広告に依存してしまっているのです。
商売するなら銀座の一等地でやるしかない
とみんなが思い込んでいるようなものです。
それが有効な人もいますが、実はごくわずかなのです。

今の経営者の方が

「普通」

と考えている集客コストは実は

「異常」

です。

かかりすぎなのです。

5万人に声をかけて、5人がお客さんになってくれるのは
異常なことなのです。

一時的に行うのはいいのですが
継続的に行える方法ではありません。
どこかでパイを食い尽くしてしまうのです。

逆に、50人に声をかけて
25人がお客さんになってくれるのは自然です。

利益率も高いはずですし
永遠に商売を発展させ続けることができます。

今、集客で成果をあげるのに一番重要な感覚は
そのような感覚です。
投網漁業感覚ではなく、一本釣り漁業感覚です。

そういう趣旨で開発されたのが
この講演会集客法です。

講演会、勉強会、講習会を使い
1人1人に会うことで顧客を獲得していくやり方です。

 

初回限定価格として受講費は1万円に抑えています。

年内最後のセミナーであり
この1年間の研究が詰まった内容になっていますので
ぜひおこし下さい!

それでは、今後ともよろしくお願いいたします!

パブリックスピーキング・ラボラトリー
林 洋一


開催概要

日時 2010年12月10日(18時30分~21時)
開催場所東京中野予定
参加費10,000円(税込)
定員50人(先着順)
申し込み開始2010年12月01日 00時00分から
申し込み終了2010年12月10日 18時00分まで
主催

イベント概要

2010年12月10日

小予算で顧客を獲得する講演会集客法

http://kokucheese.com/event/index/6229/

こんにちは。 パブリックスピーキング・ラボラトリーの林洋一です。 今回のセミナーテーマは ずばり 「集客法」 です。 特徴は ・小予算で(ほぼ0の予算で) ・超優良な顧客を獲得できる 集客法だという...

イベントは終了いたしました。