12月14日19時から上智大学10号館講堂にて「生きづらさ」について一緒に考えようというイベントを行います。

ゲストは、精神科医の香山リカさん

反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん

NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さん

上智大学グリーフケア研究所長の高木慶子さん

コーディネーターはいのちのフォーラム代表の中下大樹さん

どなたでも無料で、予約なしで参加できます。

奮ってご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(転送転載を歓迎します)

【シンポジウム】 「生きづらさ」について一緒に考えよう! 
          ~自殺と貧困から見えてくる日本~

【日 時】 12月14日(火)19:00~21:00

【場所】  上智大学10号館講堂(定員800人)

【参加費】 無料。 申込みは、必要ありません。
          会場へ直接お越しください。


今の世の中を、あなたはどう思いますか?
閉塞感が日本を覆っています。
働きたくても仕事がない、生きる意味がわからない、
とにかく生きづらいなどの理由で、いのちを絶つ若者が絶えません。
20代・30代の死因の1位は、なんと自殺です。

 そこで、自殺対策に取り組む清水康之さん、精神科医の香山リ
カさん、貧困問題に取り組む湯浅誠さん、上智大学グリーフケア
研究所長の高木慶子さんをゲストに迎え、この閉塞感を打破し、
希望のもてる社会に変えていくために、私たちに今、何ができる
のか、何が必要なのか、みなさんと共に考えてみたいと思いま
す。

 さあ、12月14日の夜は上智大学10号館へ!あなたの参加をお
待ちしています!

当日は、自死遺族や、自殺未遂経験者の当事者発言もあります。

<シンポジスト>
 香山リカ(精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授)
 清水康之(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
 高木慶子(上智大学グリーフケア研究所長)
 湯浅誠(反貧困ネットワーク事務局長)
<コーディネーター>
 中下大樹(いのちのフォーラム・絆ネットワーク代表)

【共 催】   ・上智大学グリーフケア研究所 ・上智大学哲学科
       ・いのちのフォーラム ・絆ネットワーク
       ・ミシュカの森・ベグライテン・NPO法人キッズドア

お問い合わせ  中下大樹(080-1138-1971)
(移動中等で電話に出れない場合がございます。その場合は申し訳ございません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、よろしくお願い致します。


開催概要

日時 2010年12月14日(12月14日19時から21時まで)
開催場所上智大学10号館講堂
(東京都千代田区紀尾井町7-1)
参加費無料
定員800人(先着順)
申し込み開始2010年11月24日 00時00分から
申し込み終了2010年12月14日 21時00分まで
主催

イベント概要

2010年12月14日

<参加無料・予約なし>「生きづらさ」について一緒に考えよう!

東京都千代田区紀尾井町7-1

http://kokucheese.com/event/index/6054/

12月14日19時から上智大学10号館講堂にて「生きづらさ」について一緒に考えようというイベントを行います。 ゲストは、精神科医の香山リカさん 反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん NPO法人自殺対...

イベントは終了いたしました。