■ワークショップ概要
「全4回コース 持込型ビジネスアイディア・セッション ウェブビジネスにおける見落としがちな普遍性を中心に」(単発参加も可能です)

■はじめに -理論と実践の関係とは-

理論と実践の関係。それは「地図」と「私」の関係である。
理論とは思考の地図であり、実践とはその地図を片手に目的地へ向かう私のことである。理論的実践を繰り返す事で、自分独自の思考地図が出来上がる。これは、「実社会」において、自分を進化させるツールとなる。なぜなら、思考の地図とはあなたの理念であり、理念とはあなたの人生の土台であり、方向性であるからだ。

理論なき実践、実践なき理論では理念を構築できない。故に理論と実践を結び付ける努力を継続しなければならない。理論系DIG. THE WORKSHOPでは、理論を学ぶだけでなく理論的実践へのシミュレーションとしての役割も果たす。では、いってらっしゃいませ。


■アイディアを具現化するためのワークショップ
本ワークショップでは、お蔵入りしてしまったビジネスアイディアや、実現を考えているビジネスアイディアを持込んで頂き、参加者の方々と講師とのセッションを通じて、ウェブビジネスにおいて普遍的に必要な知識であるにも関わらず見落としがちな観点を習得して頂き、皆様のビジネスアイディアをより洗練化させていきます。

本ワークショップの具体的内容は、各回に用意されるトピックに応じた講義とセッションを行っていきます。トピックは下記になります。

1. ウェブビジネスの基本的な考え方・構え –ウェブ2.0的思想に関して-
2. ウェブビジネスにおけるセキュリティ対策 –つまらない理由による破綻を防ぐ-
3. ウェブ・ユーザビリティ -ウェブビジネスにも御もてなしの心を-
4. ウェブビジネスの基本的収益構造 -5つのマネタイズ法について-

上記のトピックを学ぶだけでなく、学んだ内容を自身のウェブビジネスアイディアにいかに適用させていくべきか、ということを講師とのセッションを通じて理解することができます。このようなプロセスを通して、参加者の方々は、持込んでいただいたビジネスアイディアを実現化する足掛かりとするだけでなく、新たなウェブビジネスのアイディアを事業として昇華させるまでの思考訓練ともなります。


■カリキュラム
本ワークショップは、例えば、「第1回目のみの参加」や「全4回の参加」、「第1回目と第3回目の参加」というように、参加者の方々に、全4回あるワークショップの中から参加したいものを自由にピックアップして参加頂くことも可能です。各回とも完結型のワークショップとなりますが、全4回を通じてウェブビジネスにおける見落としがちな観点を網羅することができます。
下記に示す、カリキュラムは全4回を通じて毎回行われるものとなります。

19:00~19:30 参加者の方々の簡単な自己紹介と本日学びたいこと(持込ビジネスアイデ
ィアの紹介も含みます)を簡単に述べて頂きます

19:30~20:30 講師よりトピックに関するワーク中心講義(講義15分、ワーク15分を
2セットというスタイルで行っていきます)

20:30~20:40 休憩

20:40~21:40 講義内容を持込ビジネスアイディアへ適用させるためのセッション
       セッションを通じて、自身のビジネスアイディアを洗練させていきます

21:40~22:00 次回のトピック紹介と質疑応答

==================================================================
※持込ビジネスアイディア・セッション
みなさんに持込んで頂いたビジネスアイディアを各回取り上げるトピックの観点から講師とのセッションを通じて洗練化させていきます。講師とのセッションを建設的なものにするためにも、皆様のビジネスアイディアの格子を事前に共有していただく必要があると考えております。つきましては、是非とも、下記質問に対する答えを、下記日程までにinfo@dig-workshop.comまでメールにて送付頂くようお願い致します。送って頂くメールには、下記質問をコピペして送って頂ければと存じます。
第1回目からの参加者は9月1日
第2回目からの参加者は9月8日
第3回目からの参加者は9月15日
第4回目からの参加者は9月22日

<ビジネスアイディア共有のための質問>
Q1.ビジネスアイディア名を教えて下さい。
A1.

Q2.そのビジネスアイディアを考えた背景を簡単でいいので教えて下さい。
A2.


Q3.そのビジネスアイディアは現時点でどのようなターゲット層を仮定しておりますか。
A3.


Q4.そのビジネスアイディアはターゲット層にどのような価値を提供できると考えていますか。
A4.


Q5.そのビジネスアイディアは、現時点でどのような仕方で収益を上げようと考えていますか。
A5.


=====================================================================================



■講師 竹田信夫(41)

・略歴
1993年 東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士前期課程修了
1997年 東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士後期課程単位取得退学
1997年 岩手県立宮古短期大学経営情報学科助手
1998年 中央大学商学部専任講師
現在  中央大学商学部准教授

・専門
システム科学 経営情報論 ネットワーク社会論

・講師メッセージ
ビジネスは、様々なアイディアを具現化する活動によって人々を豊かにしていくものです。イノベーションというと、日本語では技術革新となって何かものものしい話になりますが、本来的には既存の何かを、今までそれと結び付かなかった何かと結び付けることにより新たな何かを作ることで、ビジネスにおけるイノベーションとは、その結びつき=アイディアの実現に他ならないのです。

現実の歴史は権力がぶつかり、人々が殺し合いをした歴史かもしれませんが、その一方で様々な人々が、様々なイノベーションを実現することで社会を豊かにし、人々を幸福にしてきた歴史でもあります。

現在のビジネスの世界はアイディア1つで全てを得られるというほど甘いものではありませんが、他の人にはないビジネスのアイディアがgoogleや楽天のような大きな会社を生み出し、人々に新たな豊かさを提供していることも事実です。 

皆様の様々なアイディア1つ1つを吟味し、皆様のお考えとは別の視点を提示することで、皆様のアイディアを整理し、思考を深めるお手伝いができれば幸いです。


・講師メッセージ・ビデオ
下記のリンクに講師のワークショップ直前インタビュー動画がありますので、是非ご参照下さい。質問項目は下記になります。

1.ウェブビジネスにおいて見落としがちな観点とは?
2.日本のウェブビジネスが世界のウェブビジネス事情と比べて異なるところは?
3.最後に何か一言お願い致します。
http://www.youtube.com/watch?v=lFgvx2V7DSw


・研修実績等
1998 岩手県立大学宮古短期大学において、市民開放講座講師
2002-現在  中央大学商学部ビジネス・イノベーションプログラムの担当教員として、ITを用いた経営革新を行うための各種授業・実習を担当
2007 韓国東義大学において、ユーザビリティと観光についての講演を担当。


■対象者 ウェブビジネスを始めようと一度でも考えた方、実際にビジネスを立上げようとしている方


■開催日時
第1回 9月3日 (金)19:00~22:00(18:45より受付開始致します)
-ウェブビジネスの基本的な考え方・構え –ウェブ2.0的思想に関して-

第2回 9月10日(金)19:00~22:00(18:45より受付開始致します)
-ウェブビジネスにおけるセキュリティ対策 –つまらない理由による破綻を防ぐ-

第3回 9月17日(金)19:00~22:00(18:45より受付開始致します)
-ウェブ・ユーザビリティ -ウェブビジネスにも御もてなしの心を-

第4回 9月24日(金)19:00~22:00(18:45より受付開始致します)
-ウェブビジネスの基本的収益構造 -5つのマネタイズ法について-


■主催   DIG.THEWORKSHOP


■その他
当日は軽食を用意致します。


開催概要

日時 2010年09月03日(19:00~22:00)
2010年9月10日
2010年9月17日
2010年9月24日
開催場所SMG四谷会議室
(東京都新宿区荒木町13-9サンワールド四谷ビル5階)
参加費6,000円(税込)
定員16人(先着順)
申し込み終了2010年09月01日 23時55分まで
主催

イベント概要

2010年09月03日

持込型ビジネスアイディアセッション

東京都新宿区荒木町13-9サンワールド四谷ビル5階

http://kokucheese.com/event/index/3547/

■ワークショップ概要 「全4回コース 持込型ビジネスアイディア・セッション ウェブビジネスにおける見落としがちな普遍性を中心に」(単発参加も可能です) ■はじめに -理論と実践の関係とは- 理論と実践...

イベントは終了いたしました。