現在、お申し込みはできません。

【参加者募集】2月24日(土)子どものための心理的応急処置紹介セミナー(大阪)
(締切は2月22日ですが、当日参加も受け付けております。)
災害などの緊急時、あなたは子どもにどのように接しますか。

「子どものための心理的応急処置:Psychological First Aid for Children(略称:子どものためのPFA)」は、世界保健機関(WHO)などが作成したPFAマニュアルをもとに、セーブ・ザ・チルドレンが子どもに特化して2013年に開発しました。子どもの認知発達段階の特性にあわせて、ストレスを抱えた子どものこころを傷つけずに対応するための手法です。

これまでに緊急人道支援の現場をはじめ、日本国内では2016年の熊本地震の支援活動で実施されています。セーブ・ザ・チルドレンは「子どものためのPFA」を日本国内で普及するために、学校の先生、保育士、子ども支援に携わるNPO、災害医療関係者など、3000名以上に研修を実施してきました。

紹介セミナーでは、短い時間ながらも講座とロールプレイの一部を体験できる内容となっています。普段から子どもに接する機会の多い方々の参加をお待ちしています。

【開催日時】2018年2月24日(土)14:00 ~ 16:30(受付13:40)
【定員】 45名(要予約) ※定員に達し次第、締め切ります。
【参加費】500円
【会場】ドーンセンター セミナールーム2
大阪市中央区大手前1丁目3番49号
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
電車をご利用の場合
・京阪「天満橋」駅、地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出入口から東へ約350m。
・JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。

【当日のプログラム】
◎ 「子どものためのPFA」とは?
◎ 行動原則を知ろう
◎ ストレスを抱えた子どもとのコミュニケーションの取り方を学ぼう

※講義とロールプレイを交えて行います。
※参加にあたり、心理などに関する特別な知識は必要ありません。


【講師】
南 詠子 
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 国内事業部 プログラム・オフィサー
<プロフィール>環境工学、臨床心理学、演劇、アートセラピーなどを学び、2007年よりNGO職員として、インドネシアやヨルダン、レバノンで心理社会的支援にあたる。防災士、応急救命普及員などの資格を持つ。2017年9月にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン入局し、「子どものための心理的応急処置」を国内で普及するための研修を担当。

【主催】 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン


開催概要

日時 2018年02月24日(14:00-16:30 (受付 13:40)(締切は2月22日ですが、当日参加も受け付けております。))
開催場所ドーンセンター セミナールーム2(5階)
(大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 )
参加費500円(税込)
定員45人(先着順)
申し込み開始2018年01月14日 09時30分から
申し込み終了2018年02月22日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年02月24日

子どものための心理的応急処置(PFA)紹介セミナー(当日参加可)

大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号

http://kokucheese.com/event/index/501071/

【参加者募集】2月24日(土)子どものための心理的応急処置紹介セミナー(大阪) (締切は2月22日ですが、当日参加も受け付けております。) 災害などの緊急時、あなたは子どもにどのように接しますか。 「...

イベントは終了いたしました。