現在、お申し込みはできません。

近年、評価の重要性が認識されてきましたが、行なった評価から問題を特定し、クライアントに適切なアプローチをすることはできていますか?
 本セミナーでは、股関節・膝関節・足関節でおこりやすい障害の発生機序を解説し、評価からどのような問題が考えられるのか、その問題に対してどのような介入をすれば良いのかを、ご紹介していきます。


【内容】

・股関節・膝関節の解剖学
・股関節・膝関節の靭帯の緊張・弛緩ポジション
・障害の発生機序
・膝蓋骨・半月板は動作時どのような動きをするのか
・腸腰筋の働きとは?
・腸脛靭帯の役割とは?
・ハムストリングスの働きを高めるには?
・股関節の筋群と骨盤底筋群との関係
・姿勢評価(大腿骨、膝蓋骨、脛骨、足部)
・動作評価(シングルレッグスタンス、スクワット、SLR、トーマステスト他)
・骨盤底筋群へのアプローチ
・筋膜へのアプローチ
・コレクティブエクササイズ

評価の結果から、原因となる因子はなんなのか、 原因に対して、どのようなアプローチをしたらいいのか、現場にいかす知識・技術を学ばれたい医療従事者の方にご参加していただきたい内容となっております。
ご縁のある方のご参加お待ちしております。

*NSCA CEU 0.6付与

--------------------------------------
概要 
--------------------------------------


日時:  2018年2月25日(日)10:30〜17:30(受付開始 10:15〜)

持ち物: 動きやすい服装、筆記用具

定員 : 12名

会場 : JR高円寺駅徒歩5分(東京都杉並区、申込者に詳細お送りします)

受講料: 12,000円(税込)

講師 : 岡村 泰成 (NSCA-CSCS、CAFS、EXOS Certified Performance/Fitness Specialist、EBFA certified BTS/FSFM、MovefreeーCEP Master、Movnat Workshop修了)

*お申込み後、こくちーずより自動返信にてメールが届きます。
メールが届かない場合は、お手数ですが info@shape-lab.net までご連絡くださいませ。

--------------------------------------
講師プロフィール
--------------------------------------

岡村 泰成

shape-lab 代表
アスリートから高齢者まで幅広い年齢・運動レベルの人へ最高のパフォーマンスを実現させる運動指導により数々の実績を作り出すプロフェッショナル・トレーナー。
的確に問題点を見つけ1人1人のカラダの構造やクセにあわせ、最適なトレーニングメニューの処方・エクササイズのカスタマイズを提案する。

【チーム指導実績】
・社会人アメリカンフットボールチーム
アシスタントストレングス&コンディショニングコーチ(2005-2008)
2006年ライスボール優勝
・社会人軟式野球チーム
ヘッドストレングス&コンディショニングコーチ(2007-2012)
2010年国体3位


開催概要

日時 2018年02月25日(10:30〜17:30 受付10:15〜)
開催場所JR高円寺駅徒歩5分(詳細はお申込者にご連絡いたします)
参加費12,000円(税込)
定員12人(先着順)
申し込み開始2017年10月02日 11時00分から
申し込み終了2018年02月24日 23時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年02月25日

股関節・膝関節に対する機能改善アプローチ〜評価から介入まで〜

http://kokucheese.com/event/index/490091/

近年、評価の重要性が認識されてきましたが、行なった評価から問題を特定し、クライアントに適切なアプローチをすることはできていますか?  本セミナーでは、股関節・膝関節・足関節でおこりやすい障害の発生機序...

イベントは終了いたしました。