現在、お申し込みはできません。

 「終活」という言葉が現れて十年以上にもなり、時代の変化がエンディングに対する意識の変化を起こしています。形式的な葬儀や流れ作業的なホール葬から、できるだけシンプルで安価な家族葬の選択。四十九日のあいだ故人となって対話をしくれるPepperの登場や半永久的に残る故人のSNS。今や死の概念にも大きな変化の波が押し寄せています。
 マインドフルネス日本初上陸の1995年に、スタッフとしてご一緒した藤田一照氏。アップデートする仏教を提唱し、Google本社でも講演をした一照氏を招き、美しい新たな生死のランドスケープをリデザインします。
*参加費には、頒布価格千円の小冊子『森になる:設立記念シンポジウムの記録』が含まれています。


開催概要

日時 2017年11月04日(14:00開場:14:30開演:16:30終了)
開催場所文京シビックホール26階スカイホール
(〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21)
参加費2,000円(税込)
定員70人(先着順)
申し込み開始2017年09月18日 12時00分から
申し込み終了2017年11月04日 13時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年11月04日

森になるシンポジウム2017〜生死ランドスケープのリデザイン

〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21

http://kokucheese.com/event/index/488007/

 「終活」という言葉が現れて十年以上にもなり、時代の変化がエンディングに対する意識の変化を起こしています。形式的な葬儀や流れ作業的なホール葬から、できるだけシンプルで安価な家族葬の選択。四十九日のあい...

イベントは終了いたしました。