現在、お申し込みはできません。

連続市民講座「少子化社会の妊娠・出産・子育てを考える」:第1回、不妊・社会的養護

少子化対策が喫緊の課題とされている現在、妊娠・出産・子育てへの支援の充実が議論されており、その中で重要な役割を担っているのが母子保健制度です。母子保健の発展により、妊娠・出産の安全性が飛躍的に高まり、妊産婦や新生児の死亡率は劇的に低下しました。しかし、その発展の影で何が見落とされてきたのか、何が新たな問題として発生したのか?こうした問題意識から、今までの歴史を検討するとともに、これからの母子保健の方向性を考えることを目的に発足したプロジェクトが「母子保健史研究プロジェクト」(メンバーは由井秀樹、松島京、木村尚子、伏見裕子、笹谷絵里)です。
 連続市民講座「少子化社会の妊娠・出産・子育てを考える」は、このプロジェクトの活動の一環として開催されます。毎回、プロジェクトメンバー1名と、ゲスト1名による話題提供の後、全体ディスカッションを行い、市民の皆さんと妊娠・出産・子育ての現在、過去、そして未来について考えます。初回のテーマは不妊と社会的養護です。専門知識の有無に関わらず、少しでもこの問題に関心のある方のご参加を歓迎します。

プログラム
15:15〜16:15
趣旨説明
不妊対策の現在・過去・未来 
    由井秀樹(日本学術振興会特別研究員[PD])
社会的養護(親が育てられない子どもを社会が育てる)の現在・過去・未来
    安藤藍(首都大学東京都市教養学部助教)
16:15〜16:45
ディスカッション


開催概要

日時 2017年10月15日(15:15〜16:45)
開催場所京都市生涯学習総合センター山科(アスニー山科)
(京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92番地 ラクト山科C棟2階)
参加費無料
定員60人(先着順)
申し込み開始2017年09月14日 17時00分から
申し込み終了2017年10月14日 23時00分まで
主催

イベント概要

2017年10月15日

連続市民講座「少子化社会の妊娠・出産・子育てを考える」

京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92番地 ラクト山科C棟2階

http://kokucheese.com/event/index/487517/

連続市民講座「少子化社会の妊娠・出産・子育てを考える」:第1回、不妊・社会的養護 少子化対策が喫緊の課題とされている現在、妊娠・出産・子育てへの支援の充実が議論されており、その中で重要な役割を担ってい...

イベントは終了いたしました。