現在、お申し込みはできません。

くにたち景観裁判シンポジウム

「元国立市長は
4500万円支払え」

日本の景観保護を大きく変えた国立景観訴訟。
圧倒的な市民の支持で景観保護へと行動した
市長への個人賠償と首長の政策判断とは。

国立景観訴訟のその後。納得できますか?


国立景観訴訟の経緯と求償裁判
窪田之喜(弁護士・上原弁護団長)

住民訴訟の問題点
五十嵐敬喜 (弁護士・法政大学名誉教授)

首長の政策と責任
保坂展人(世田谷区長)

ディスカッション
上原公子(国立元市長) 
保坂展人
窪田之喜
五十嵐敬喜
(司会)日置雅晴


2017・3・31(金)18:30〜
全水道会館
会費1000円
お申込み 
http://kokucheese.com/event/index/458135/
JR水道橋駅 東口(お茶の水駅寄り)下車2分
都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
詳細
http://machi-kaeru.com

主催:景観と住環境を考える全国ネットワーク http://machi-kaeru.com
協力:くにたち上原景観基金1万人の会 http://www.ueharafund.org


開催概要

日時 2017年03月31日(16:30〜20:45)
開催場所全水道会館
(東京都文京区本郷1-4-1)
参加費1,000円(税込)
定員140人(先着順)
申し込み開始2017年03月09日 22時00分から
申し込み終了2017年03月31日 18時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年03月31日

くにたち景観裁判シンポジウム

東京都文京区本郷1-4-1

http://kokucheese.com/event/index/458135/

くにたち景観裁判シンポジウム 「元国立市長は 4500万円支払え」 日本の景観保護を大きく変えた国立景観訴訟。 圧倒的な市民の支持で景観保護へと行動した 市長への個人賠償と首長の政策判断とは。 国立景...

イベントは終了いたしました。