現在、お申し込みはできません。

【目的】
① 「発達障害」を知らずに生きてきた中高年ハッタツ当事者が自らのありのままの姿をこれからの発達障害当事者に伝えます。
② 発達障害当事者として周囲の方々にはどのような支援をお願いしたいのかを伝えます。
③ 「発達障害」を能動的に捉えてあきらめないでほしいということを伝えます。

【参加条件】
今回は当事者以外の方々も支援者の方々も年齢制限もなく、希望者の方々に先着順でご参加いただきます。
※ 事務局の都合で参加をお断りする場合があります。
※ 本企画で話される内容は極めて個人的な内容となります。SNS への書き込み、録音 いっさい口外厳禁とさせていただきます。
※ 本企画では資料代をいただきますので、予めご了承ください。

【日時】
平成27年5月30日(土) 午後2時00分~午後6時00分
※ 本企画では資料代をいただきますので、予めご了承願います。

【場所】
東京都北区NPO・ボランティアぷらざ サロンコーナー(東京都北区王子1-11-1北とぴあ4階)
http://plaza.kitaku.net/info/aboutus.htm#access
※ JR京浜東北線 王子駅北口を出てすぐ!

【内容】
「事例の一つとしての発達障害当事者」
「発達障害」の考えが知られるようになったのはごく最近のことです。主催者本人は「精神障害者保健福祉手帳」を4年前に交付されました。
それまでは自分が障害者であるという自覚もなく、ごく普通に学校を出て、会社に就職し、結婚し、二人の娘に恵まれて今日に至ります。
主催者本人がこれまで抱えてきた問題は「生きづらさ」の一言に尽きます。

話題の大枠は以下の通りです
1. 私が社会に出るまでの23年間
2. 私が最初の会社で働いた23年間
3. なぜ当事者会を立ち上げたのか
4. 最期の24年間をどう生きようと考えているのか

【おおよその流れ】
1 事例の一つとしての自分語り
2 話を聞いて触発されたことの意見交換会


【参加費】 100円(資料代として)  


開催概要

日時 2015年05月30日(14:00~18:00)
開催場所東京都北区NPO・ボランティアぷらざ サロンコーナー
(東京都北区王子1-11-1北とぴあ4階)
参加費100円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み開始2015年05月17日 00時00分から
申し込み終了2015年05月30日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年05月30日

発達障害当事者が自分を語る場

東京都北区王子1-11-1北とぴあ4階

http://kokucheese.com/event/index/293205/

【目的】 ① 「発達障害」を知らずに生きてきた中高年ハッタツ当事者が自らのありのままの姿をこれからの発達障害当事者に伝えます。 ② 発達障害当事者として周囲の方々にはどのような支援をお願いしたいのかを...

イベントは終了いたしました。