現在、お申し込みはできません。

東日本大震災から3年が経ちましたが、いまだに震災は私たちの生活に大きな影響をおよぼしています。身近な人との死別・離別、ふるさとに帰れない、安心して外で遊べない、健康への不安など、子どもたちは様々な喪失体験をしています。それにより、集中力が落ちた、甘えるようになった、暴力的になった、いい子になりすぎる、などの変化が起こる場合もあります。
様々なものを失ってしまい大きな喪失体験を抱えた子どもたちには、どのようなサポートが必要で、私たちには何ができるのでしょうか。親や教員、親戚や近所の人、そして子どもに関わる仕事や活動をしている方など、子どもの身近にいる人が、子どもの喪失体験にどう接し、どう支えることができるのかを、福島で子どもの支援活動に取り組む方々をお迎えし、皆様と一緒に考えます。

講演会「喪失体験をした子どもたち〜周囲の大人が寄りそい、支えるために〜」
日時:2014年4月19日(土)10時〜12時30分 (受付9時30分〜)
会場:福島テルサ 3階「あづま」
(地図→https://goo.gl/maps/HyvW6)
定員:60名
参加費:無料
内容:
10:00〜10:50 子どもたちの喪失体験を理解する(NPO法人子どもグリーフサポートステーション 西田正弘)
10:50〜11:00 休憩
11:00〜11:30 震災から3年目を迎える福島の子どもたち(東日本大震災中央子ども支援センター福島窓口 中鉢博之氏)
11:30〜12:00 子どもたちの声・寄りそう大人の役割(チャイルドラインこおりやま 小笠原隼人氏)
12:00〜12:30 質疑応答

主催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション
協力:東日本大震災中央子ども支援センター福島窓口、チャイルドラインこおりやま
後援:福島県、福島県教育委員会、福島市、福島市教育委員会


〈ファシリテーター研修会のお知らせ〉
福島県内で子どものグリーフサポートに関わるファシリテーターを募集しています。本講演会後、19日午後〜20日でファシリテーター研修会を開催いたします。
研修会では、子どもをサポートするための知識と、寄りそうためのスキルを学びます。よろしければぜひご参加ください。2014年度より、福島県内で子どものグリーフサポートプログラムを開始する予定です。 ※研修会に参加される方は、19日の講演会への参加が必須です。

日時:4月19日(土) 13:30〜16:30
   4月20日(日) 10:00〜16:00
会場:福島テルサ 4階「つきのわ」
定員:30名 ※要申込 4/15締切
参加費:一般4,000円 学生3,000円(テキスト代含)
参加方法:講演会申込時に「ファシリテーター研修会参加希望」とお伝えください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※この事業は、朝日新聞厚生文化事業団に寄せられた東日本大震災救援募金によって運営されています。


開催概要

日時 2014年04月19日(10時〜12時30分)
開催場所福島テルサ
(福島県福島市上町4-25)
参加費無料
定員60人(先着順)
主催

イベント概要

2014年04月19日

喪失体験をした子どもたち

福島県福島市上町4-25

http://kokucheese.com/event/index/156854/

東日本大震災から3年が経ちましたが、いまだに震災は私たちの生活に大きな影響をおよぼしています。身近な人との死別・離別、ふるさとに帰れない、安心して外で遊べない、健康への不安など、子どもたちは様々な喪失...

イベントは終了いたしました。