現在、お申し込みはできません。

 秘密の指定や解除の基準、監視・監察機能など、多くの問題を先送りにして昨年12月に成立した「特定秘密保護法」。1年以内の施行が予定されています。

 基準作り等のために有識者による情報保全諮問会議が設置されるなど、政府内で準備が進められています。特定秘密法以前から、政府はさまざまな形で「秘密」を持ってきました。しかし、秘密を持つ政府自身をどのように民主的にコントロールするのかという議論を欠いたまま、今に至っています。

 世界各国で機密指定制度の導入が、さまざまな形態で行われています。アメリカ、イギリスともに異なる仕組みの中で機密指定が行われていますが、過剰な秘密指定、秘密で行われている政府活動への監視機能の問題から、さまざまな問題を抱えつつ、仕組みや制度を変えたり作ったりしてきています。

 こうした中で、日本のこれからの議論を進めるため、アメリカ、イギリスで聞き取り調査を行ってきました。その内容についての報告を行います。ぜひご参加ください。

日時 2014年3月24日(月)午後6時30分~
場所 日比谷図書文化館コンベンションホール
    (日比谷公園内、日比谷図書館地下1階)

報告 三木由希子(NPO情報公開クリアリングハウス理事長)
   山田 健太(専修大学文学部教授、自由人権協会理事)

資料代 1000円※事前申込優先


開催概要

日時 2014年03月24日(18:30~)
開催場所日比谷図書文化館コンベンションホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4)
参加費1,000円(税込)
定員160人(先着順)
申し込み開始2014年03月03日 08時00分から
申し込み終了2014年03月23日 23時59分まで
主催

イベント概要

2014年03月24日

アメリカとイギリスの秘密保護制度と情報公開

東京都千代田区日比谷公園1-4

http://kokucheese.com/event/index/154295/

 秘密の指定や解除の基準、監視・監察機能など、多くの問題を先送りにして昨年12月に成立した「特定秘密保護法」。1年以内の施行が予定されています。  基準作り等のために有識者による情報保全諮問会議が設置...

イベントは終了いたしました。