現在、キャンセルはできません。

「何かをやらなきゃいけない」ってことは知っている。

「何をやるか」がわからない、あなたへ。

「コンセプトのつくり方」読書会&実践会へのご招待

■最近どうです?

モヤモヤしてますか?
なんだか知らないけど、将来に不安を感じてる?
人間関係だったり、健康だったり、お金だったり、
いろいろ悩みはつきないかもしれませんね。

実は、私も以前はそうだったんです。

うまく言葉にできない想いや表現できない感情。
「何かをどうにかしないといけない」けれど、
「何をどうしたらいいのか」見当もつかない。

そこで、ズバリ、「コンセプトを作る方法を知ること」で、
そんな悩みをのりこえてスッキリしましょう。

■「コンセプトのつくり方」読書会&実践会では次の3つをご紹介します。

  1. 効率良く情報を収集する方法
  2. コンセプトを生み出す方法
  3. 一緒に学び、人生を冒険していく仲間

■ 効率良く情報を収集する方法

今回の読書会では、ちょっと変った、本の読み方をお伝えし、
実践してもらいます。
それは、実際に本に目を通す前から始まります。
集中する方法、目標を設定して読む、そして、仲間たちとシェアする。

そして、お得なことに、このステップを踏むと、
非常に読む時間を短縮できます。

■ コンセプトを生み出す方法

せっかく本を読むんです。
何か、使えるスキルを身につけられると、いいですよね。

と、いうことで、今回はコンセプトを生み出す方法を
体験してみようと考えました。

なぜ?
それは、冒頭にも説明した通り、コンセプトさえわかれば、
何をやればいいかもハッキリするからです。

ハッキリしないから、怖いし、つまらないし、嫌になるんです。

コンセプトがしっかりすれば、嬉しいし、楽しいし、好きになるんです。

どうやって、コンセプトをしっかりさせる?
その答えがこの本にあるので、探して身につけましょう。

■ 一緒に学び、人生を冒険していく仲間

本をみんなで読むという経験は、
興味深い感覚を持たらしてくれるでしょう。

いつ以来ですか?
小、中学校のころは、同じ教科書をみんなで一緒に読みましたよね?
高校生や大学生のころは、授業中、寝てました?(笑)

そう、大人になって、なかなか経験がないと思います。
同じ本を読む時間を共有するというのは。

今、人と人の繋がりが、強く求められていると感じてます。
そこで、こういった読書会に参加する人と
同じ時間、空間をすごして、繋ってみてはどうでしょうか。

■え?そんな悩みはない?

いえいえ、それでも、是非、知ってください。

どんな人でも、会社でも、団体でも、家族でも、
新しいことを始める、新しいものを作る、新しい考えを生みだすとき、
この「コンセプトのつくりかた」は、よーく効きます。

■課題本「コンセプトのつくりかた」について

著者、玉樹真一郎さんは青森県八戸市に在住。
世界販売台数9500万台、世界で3億人が夢中になった任天堂Wiiの
コンセプトをつくった経験を、この本に記しました。

以下、アマゾンの内容紹介より引用
世界販売台数9500万台、世界で3億人が夢中になった任天堂Wii。
メガヒット商品の、もっとも初期のコンセプトワークから携わり、
「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれた著者による
「コンセプトのつくりかた」について解説したのが本書です。

コンセプトとは何か―。 それは、新しい何かを「つくる」すべての人が、最初に考えることです。

ものづくりであれば、商品を通じて。
サービスであれば、お客様に提供するものを通じて。
起業であれば、これから生み出すビジネスを通じて。
NPOや自治体であれば、支援やサポートの仕組みを通じて。
「世の中に新しい価値観をつくる」ことが まさにコンセプトをつくること、そのものなのです。

まだ世に知られてない、「新しい価値観」をどう見つけ出すか。
そして、皆がその「未知の良さ」を「わかる」ためにはどうすればいいのか。

「何かいいアイデア出して! 」と言われたけれど、思い浮かばない。
起業やNPOの立ち上げを決めたけれど、何をやればいいのか悩んでいる。
予算はあるものの、何をすれば皆に喜んでもらえるのか分からない。

そんな人たちに、ぜひおすすめしたい本です。

コンセプトさえ見つかれば、差別化もデザインも不要です。
その後、何をすべきか、どうすべきかは、コンセプトに導かれていきます。
設計、製造、販促、営業など、 関わる人たちが
それぞれ「自分たちは何をすべきか」について理解し、
一貫してブレない商品やサービスができ上がります。

世の中に良いものを、1人でも多くの人に届けたい。
そう思うすべての人にお届けします!

■ 読書会ファシリテーターについて

具志一朗
沖縄出身、在住。
フォトリーディングという速読法を学んで、年間300冊くらい読みます。
大家業をしながら、読書会をあちこちでやってます。
いろんな人といろんな場所で出会いたいのです。
あなたとお会いできるのを楽しみにしています。


開催概要

日時 2013年03月16日(10:00-17:00)
開催場所アピオあおもり
(青森県青森市中央3丁目17-1)
参加費3,000円(税込)
定員15人(先着順)

イベント概要

2013年03月16日

「コンセプトのつくり方」読書会&実践会

青森県青森市中央3丁目17-1

http://kokucheese.com/event/index/76500/

「何かをやらなきゃいけない」ってことは知っている。 「何をやるか」がわからない、あなたへ。 「コンセプトのつくり方」読書会&実践会へのご招待 ■最近どうです? モヤモヤしてますか? なんだか...

イベントは終了いたしました。