現在、キャンセルはできません。

 若手法哲学者による法と科学のリアル漫談「法哲学若手漫談」と「法と科学の哲学カフェ」のハイブリッドイベントがいよいよ登場!
 法哲学者と科学哲学者のゲストを囲んで,震災後の科学コミュニケーションにみる「事実」と「価値」について,お互いの立場から意見を闘わせます.
 若手法哲学者,科学哲学者,さらに参加されるみなさまとの即興でつくりだす,トークバトルの妙味を存分にご堪能ください.
みなさまのご参加を,こころよりお待ち申し上げております.

【内容】
 ものごとがどういうふうにあるか、という「事実」の記述の問題と、それがどうあるべきかという「価値」や「規範」の問題は、きちんと分けるのが学問の基本とされています。哲学的にも、「事実」から「価値」や「規範」に関わる主張を導き出すことは、「自然主義的誤謬」として強く戒められてきました。もちろん、もはやそういった古典的二分法を無条件に前提にするわけにはいきません。しかし、現代の認識論・価値論は、まずはその分け方を念頭に置いた上で (1) どちらかは一方に還元できるのか、(2) あるいは両方は相互補完的な関係にあるのか、といった問題を論じていると(おおざっぱには)言えるでしょう。そういった文脈での古典的著作として、最近翻訳の出た、ジョン・マクダウェル『心と世界』(2012年、勁草書房)などがあげられます。
 しかし、震災後の科学技術コミュニケーションでは、そういった古典的な二分法が押さえられないままに、ある「事実」から「価値」や「規範」を一足飛びに主張する例が多くありました。たとえば、放射線をめぐるリスク計算は「事実」、その管理(じゃあどう行動すればよいか)は「価値」「規範」の問題と「ひとまずは」分けることができます。しかし残念ながら、両者を分けた上でその関係を丁寧に論じるといった手続きがなされている議論は少ないように思われます。本イベントではそういった問題をいくつかとりあげ、そこに関わりうる哲学的議論を紹介しつつ、倫理学・論理学・科学哲学、そして法哲学といった学問分野の蓄積がいかなる役割を果たしうるのかといったことを考えてみたいと思います。もちろん、「カフェ」「漫談」ですから、あまり堅苦しいことは抜きにして、しなやかな笑いとともに楽しい意見交換ができることを目指しています。

----
第2回 法と科学の哲学カフェ/第3回 法哲学若手漫談

テーマ:震災後の科学コミュニケーションにみる「事実」と「価値」
おはなし:村上祐子さん(東北大学大学院理学研究科、哲学・論理学)
     吉良貴之さん(常磐大学嘱託研究員、法哲学)
     小林史明さん(明治大学大学院、法哲学)
ファシリテーター:
     立花浩司さん(北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科)
日時 :2012年 4月22日(日)19:00〜21:00(開場 18:30)
場所 :Treasure River Book Café
    千葉市中央区登戸1-11-18 第2潮ビル102
参加費:1,000円(ドリンクつき)
定員 :20名
    ※事前申込み制
    ※申込み多数の場合は,ご希望に添えない場合があります
申込み方法:
    下記URLからお申し込みください.
    http://kokucheese.com/event/index/33058/
       ※先着順に申込みを受け付けます
    ※応募してくださったみなさまにご連絡させていただきます
応募締切:2012年 4月21日(土)
    ※申込み多数の場合は,4月21日より前に締め切る場合があります
問合せ先:    E-mail: jurisprudence.bar@gmail.com(吉良)  
主催 :JST-RISTEX「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト
    科学技術社会論グループ有志

本イベントはJST-RISTEX委託研究「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト(代表:中村多美子)の一環として行われるものです.

【参考】
第1回「法と科学の哲学カフェ 合理性の衝突(PDF)
第1回「法哲学若手漫談 Science at the Bar
第2回「法哲学若手漫談 科学論の第三の波と法哲学

なお、4.21-22には千葉大学にて応用哲学会が開催されます。話題提供者による関連発表が予定されておりますので、そちらもご興味ある方はぜひどうぞ。


開催概要

日時 2012年04月22日((日)19:00~21:00(開場 18:30))
開催場所Treasure River Book Café
(千葉市中央区登戸1-11-18 第2潮ビル102)
参加費1,000円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み開始2012年04月03日 19時00分から
主催
タグ

イベント概要

2012年04月22日

第2回 法と科学の哲学カフェ/第3回 法哲学若手漫談

千葉市中央区登戸1-11-18 第2潮ビル102

http://kokucheese.com/event/index/33058/

 若手法哲学者による法と科学のリアル漫談「法哲学若手漫談」と「法と科学の哲学カフェ」のハイブリッドイベントがいよいよ登場!  法哲学者と科学哲学者のゲストを囲んで,震災後の科学コミュニケーションにみる...

イベントは終了いたしました。