現在、キャンセルはできません。

「第2回法哲学若手漫談 科学論の「第三の波」と法哲学」

【日時】
2012年3月30日(金) 19時から
ラボカフェ (東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7階)
http://lab-cafe.net/site/index.html

【定員】
上限25名程度(要申込)

【参加費】
不要 (飲食代は自己負担でお願いします)

【話題提供】
杉本雅明 (東京大学大学院理学系研究科)
吉良貴之 (常磐大学嘱託研究員・法哲学)
小林史明 (明治大学法学部助手・法哲学)

【内容】
 「科学論(science studies)」の「第三の波」と呼ばれる潮流は、科学知における「専門家」の役割の問い直しを図るものです。かつてのように専門家の権威に頼ることはもはやできません。かといって「第二の波」論者のように、専門家と非専門家の垣根を極端に相対化してしまう議論も非現実的なものとなっています。両者の適切な関係を再定位し、「社会の中の科学」の望ましきあり方を考えていくことが必要といえます。
 今回のイベントでは、そういった思想潮流を踏まえ、具体的な場面における「専門知」と「現場知」のアクチュアルな関係を考えていきます。その上で、原理的な考察から制度設計までを視野に入れる法哲学の発想によって、議論をより多層的かつ実践的なものとすることを目指します。特に、そこにおける「司法」の役割は重要となることでしょう。
 「法と科学」の問題が喫緊のものとなっている中、文系・理系を問わず多くのみなさまにご参加いただければ幸いです。本イベントはいわゆる「サイエンスカフェ」方式で開催し、活発な議論の実現を目指したく思っています。

【参考文献】
ハリー・コリンズ「科学論の第三の波」、
ブライアン・ウィン「誤解された誤解」 、『思想』(岩波書店)1046号、2011年6月
 # あくまで参考であり、ご参加のみなさまが事前に文献をご覧になっていることを前提とするイベントではありません。

【問い合わせ先】
jurisprudence.bar@gmail.com (吉良)

【備考】
本イベントはJST-RISTEX委託研究「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト(代表:中村多美子)の一環として行われるものです。


開催概要

日時 2012年03月30日(19時から)
開催場所ラボカフェ
(東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7階)
参加費無料
定員25人(先着順)

イベント概要

2012年03月30日

第2回法哲学若手漫談 科学論の「第三の波」と法哲学

東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7階

http://kokucheese.com/event/index/31813/

「第2回法哲学若手漫談 科学論の「第三の波」と法哲学」 【日時】 2012年3月30日(金) 19時から ラボカフェ (東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7階) http://lab-cafe....

イベントは終了いたしました。